悪玉コレステロールが高い|LDLコレステロールを下げるためのサプリメント

コレステロールと中性脂肪の深い関係

コレステロールと中性脂肪は関係があるので、血液検査でも両方の数値を確認することができます。コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁酸の原料で、人間の体に存在する脂質です。体内の血管壁に付着したコレステロールを運ぶのが善玉コレステロールで、肝臓のコレステロールを全身に運ぶのが悪玉コレステロールです。中性脂肪とは肉や魚、油など食品から摂取される物質で、過剰摂取すると体脂肪として体にも蓄積されます。重要なエネルギー源ですが、溜め込みすぎると肥満となり様々な病気を引き起こします。一般的に血液中に中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減って悪玉コレステロールが増えます。悪玉コレステロールにも種類があり、粒子が小さいレムナントは超悪玉コレステロールと呼ばれ、血管壁に付着して動脈硬化を引き起こします。中性脂肪の数値が高いと健康な生活を送れなくなる可能性が高いですが、コレステロール値が高いのに中性脂肪が少ないこともあります。これは肉や乳製品など悪玉コレステロールを増やす食材ばかりを食べる人に見られます。他の食べ物を食べないので摂取カロリーは抑えられて中性脂肪は低いですが、悪玉コレステロールが増えるので動脈硬化のリスクは高いです。

LDLコレステロールとクリルオイルについて

最近、男女を問わず多くの人から注目を集めている成分が、クリルオイルです。
クリルオイルは、甲殻類の一種である南極オキアミというプランクトンの一種から抽出されるオイルです。
クリルオイルは、DHAやEPAを多く含んでいます。
しかし、青魚由来のDHAやEPAとは違い、水溶性の高いリン脂質で存在しています。
そのため、体内での吸収率が高くなっています。
また、クリルオイルに含まれるアスタキサンチンは、DHAやEPAの酸化を防ぎます。
先進国では、食事におけるリン脂質の量が減っています。
ですから、意識して不足しないように気を付ける必要があるのです。
クリルオイルは、HDLコレステロールを増やして、LDLコレステロールを減らす働きがあります。
血液をきれいにするので、高血圧の予防効果も期待できます。
女性は、女性ホルモンの影響を強く受けます。
月経前になると、月経前症候群に悩む女性も多いです。
また、閉経前後は、発汗やほてり、イライラ、不安など更年期障害の症状が出てきます。
このような症状は、加齢により卵巣の機能が衰えて、ホルモンバランスが崩れることで起こります。
クリルオイルに含まれるリン脂質やDHA、EPAは、更年期障害の緩和にも役立ちます。